健康コンサルタント 三宅浩一様

第8信 「明日葉と万能茶」  健康コンサルタント 三宅浩一

明日葉への思いと効用について7回記した。第8信は今までのまとめで最終のもの。
社会評論家・経営アナリストの肩書きを捨て、恐れ多いが健康コンサルタントとして。
私は60才過ぎから、椎間板ヘルニア・前立腺癌・帯状疱疹を罹病。老化は病気だ。
この3年、病気と健康について懸命に勉強。アンチエージングについてそれなりの結論。
「暮らしの医学大百科」の本。診断・治療・食事・運動・心の健康の5つから成り立つ。
祖父江逸郎先生の「長寿を科学する」、早川一光先生の「大養生の作法」も読んだ。

老化は行動力と思考力の衰えもあるが、免疫力と抵抗力の低下が最も留意すること。
免疫力は、体温を上げる、活性酸素を減らす、ビタミンCの摂取、血液サラサラが鍵。
体力と運の強さ、ストレス無しと言っても、60才から平均的に5%ずつ他界の事実。
「無病息災」はその昔に願ったこと。また 「不老長寿」が天から授かる訳ではない。
「達者でポックリ」が理想だが、そのためには食事と運動の新たな対応をしなければ。
信ずる者は救われる、継続は力なり。ある年から しかるべき手を打つことが必要だ。

私は、明日葉粉末・万能茶・人参ジュース・黒酢・毒だみ酒・大高酵素他を常飲。
幸い 人間ドックとか病院検査の数値が改善。皆から”元気になったね”と言われる。
「カラダ資本主義」。この両3年かけて、体の構造改革に取り組んだ成果とも思う。
明日の葉と万能の茶。名前も良いが、その効果は科学的に証明されたものである。
それを扱っている辰巳社長に深謝。これからも”明日葉と万能茶とともに”の気持ち。
皆さん方も(株)アクアグリーン(03-3537-2711)に連絡し、常飲されることを。


このページのTOPへ